琥珀法律事務所

「保険会社の言い分に納得がいかない…」 「被害者なのになぜか理不尽な思いをしている…」

交通事故に遭ったら弁護士にご相談ください。

交通事故示談のご相談は琥珀法律事務所へ 相談無料 WEBお申込みはこちら

交通事故補償の問題とは?

保険金の査定基準は、保険会社基準

「損害賠償」という言葉をあらゆる場面で聴くことはありませんか?

事故等に遭遇してしまった際に「被害者に発生した損害」を加害者が支払う示談金を、損害賠償金といいます。
損害賠償金の項目は三つに分かれ「積極的損害」「消極的損害」「慰謝料」、このうちの「慰謝料」とは、 被害者が受けた精神的苦痛に対するてん補としての賠償をさします。

交通事故に遭遇してしまった際、多くの方がまず保険会社に相談をするのではないでしょうか?
相談後保険会社に任せきりにされるかと思いますが、保険会社は「保険会社基準」で損賠賠償金の算定が行われることが殆どです。
果たして、その算定された「損害賠償金」は妥当なものでしょうか? 事故に遭われた方、ご家族の方は納得ができる金額なのでしょうか。
この示談金は、弁護士に相談・依頼をするとしないで、倍以上金額が変わる可能性もあります。
もし交通事故に遭われて保険会社との示談交渉を進めているのであれば、すぐにでも琥珀法律事務所にご相談を

一度示談すると覆すことが困難

事故後、被害として100万などの内容で示談が成立した後に、「やはり納得がいかない」と訴えたとしても、 一度示談書・示談を取交した後に、その内容を覆すことは大変難しいことです。
逆に自身が加害者側より、示談した100万を、「納得いかないので50万に変更をしてくれ」といわれて納得することはできますでしょうか?

また、示談交渉の段階では判らず、示談成立後に後遺症が発生した場合などは後遺症分の賠償を求めることは不可能ではありませんが、 一度示談が成立をしているという点から、相手方の任意で支払がされない可能性もあります。

これらの事を踏まえても、過去の判例・状況を加味した上で、賠償請求額の算定を行う必要があります。

弁護士に相談すれば、賠償金額が大きく変わることも! お早目のご相談をおすすめします。

弁護士費用特約ってご存知ですか?

自動車保険に入る時、保険会社の人から「弁護士費用特約」というものを勧められたことはありませんか?この特約が付いた保険を契約しておくと、交通事故に関して弁護士に依頼した時、弁護士費用を保険会社に負担してもらうことができるようになります。
保険会社との契約内容をご確認ください。

※保険会社から「弁護士に連絡しましょう」という
お知らせが来ることはありません!

ご自身で契約内容を確認してください。

交通事故示談のご相談は琥珀法律事務所へ 相談無料 WEBお申込みはこちら

当事務所の解決事例のご紹介

示談金500万円増額になったケース

男性 50代 Aさんのケース

交通事故に遭ってしまい足を骨折。
保険会社との示談交渉が始まるも、怪我の状態やその期間仕事ができない、また今後の生活、もしかしたら後遺症が・・と思ったときに 金額にどうしても納得がいかず・・とはいえ、どう交渉したらいいのか?と悩んでいました。
入院治療中に『弁護士特約』の話を聞いた事を思い出し、ここはやはり、と弁護士に相談をすることにしました。
すると、驚いたことに、損害賠償金として保険会社から提示された金額を大きく500万以上もプラスに!
入院期間中、大変心配をかけた妻に、今後の心配は要らないと言えてとても安心しました。

入院無し通院でも、慰謝料が30万増額になったケース

男性 40代 Bさんのケース

車の衝突事故でむちうちに・・
趣味のドライブに出たときに、不運にも後ろから衝突をされてむちうちに・・
それでも不幸中の幸いで車もそこまで大きな被害は無かったし、自分もちょっと首が痛いかな?程度だと思っていましたが、 診断結果は、入院をするほどではないにしても、一ヶ月の通院治療。
そんな話を同僚にしたら、弁護士にも相談しては?といわれて相談をした所、「裁判所規基準の慰謝料」という形で 示談交渉が進むことに。30万近くの慰謝料請求になりました。

後遺障害事案で2倍に増額したケース

女性 20代 Cさんのケース

母が自転車走行中、事故に遭い後遺症が・・。
後遺症が残るほどの事故に、未だにあの事故が無ければ・・と思わない日はありません。
事故があった直後に夫が保険会社と弁護士と両方に連絡をしてくれたおかげで、全く知識も何も無いまま 時にパニックになりそうにもなりましたが、冷静な弁護士の方のおかげで、しっかりと保険会社との話し合いにも取り組むことができ、 おかげで、母の介護には困らない程度の慰謝料を頂く事ができました。

※あくまで事案例です。

ご相談までの流れ

★事故被害に遭う前に必ず確認。

任意保険に入っている方は、「弁護士費用特約」に入っているか確認しておきましょう。
月額500円~1000円程で加入できる場合が多いので、入っておくと安心です。

事故被害に遭ってしまったら…

事故に遭った直後は連絡出来ない場合もあるので、連絡できる段階になったらすぐに弁護士に相談しましょう。

※一度示談が成立してしまうと覆すことが困難になります
必ず示談交渉の前に弁護士に連絡してください。

交通事故示談のご相談は琥珀法律事務所へ 相談無料 WEBお申込みはこちら